バブルラップ『もの派』があって、その後のアートムーブメントはいきなり『スーパーフラット』になっちゃうのだが、その間、つまりバブルの頃って、まだネーミングされてなくて、其処を『バブルラップ』って呼称するといろいろしっくりくると思います。特に陶芸の世界も合体するとわかりやすいので、その辺を村上隆のコレクションを展示したりして考察します。

2018年12月15日(土)~2019年3月3日(日)

現代美術家・村上隆(1962〜)が自身のコレクションをもとに企画した展覧会。バブル経済期を中心とする...

画僧 月僊

2018年12月15日(土)~2019年1月27日(日)

名古屋の味噌商に生まれ、7歳で浄土宗の僧となり、34歳より伊勢の寂照寺の住職として寺の復興や弱者救済...