異才 辻晉堂の陶彫「陶芸であらざる」の造形から

瀬戸市 愛知県陶磁美術館 TEL.0561-84-7474

開催期間:2020年5月19日(火)~6月21日(日)(会期変更)

島根県二部村(現・西伯郡伯耆町二部)生まれの辻晉堂(つじ・しんどう、1910〜1981)は、1933年、写実に基づく力強い肖像彫刻を日本美術院展に発表して彫刻家としてのキャリアをスタート。戦後、京都市立美術専門学校(現・京都市立芸術大学)の教授に就任してからは、イメージに基づく抽象的な造形を目指す一方、「陶彫」と呼ばれる陶土を用いた彫刻作品を手がけはじめ、国際的に活躍した。辻が陶彫を制作した京都時代に焦点を当て、第29回ヴェネツィア・ビエンナーレ(1958年)出品作をはじめとする陶彫作品と版画・素描作品を紹介する。

米子市美術館 2020年7月18日(土)〜8月23日(日)
美術館「えき」KYOTO 2020年10月31日(土)〜11月23日(月・祝)
菊池寛実記念 智美術館 2020年12月19日(土)〜2021年3月21日(日)