生誕120年・没後100年 関根正二展

鎌倉市 神奈川県立近代美術館 鎌倉別館 TEL.0467-22-5000

開催期間:2020年2月1日(土)~3月22日(日)

画家・関根正二(1899〜1919)は、福島県白河に生まれ、ほぼ独学で絵を志し、東京移住後16歳で二科展にデビュー。19歳のときに描いた《信仰の悲しみ》(1918年、大原美術館、重要文化財、後期展示)が二科展樗牛賞を受けるが、翌年スペイン風邪により20歳2ヶ月で急逝した。関根の作品99点、資料15点、書簡39点に加え、久米正雄、佐藤春夫などの文学者や、伊東深水、河野通勢、東郷青児、安井曾太郎、村山槐多ら同時代画家の作品資料38点をあわせて展示。大正という時代の熱気を伝える。前期(〜2月16日)、後期(2月18日〜)で一部展示替えあり。

福島県立美術館 2019年9月14日(土)〜11月10日(日)(終了)
三重県立美術館 2019年11月23日(土)〜2020年1月19日(日)(終了)