生誕110年 傑作誕生・佐藤忠良

館林市 群馬県立館林美術館 TEL.0276-72-8188

開催期間:2022年7月16日(土)~9月19日(月・祝)

彫刻家・佐藤忠良(1912〜2011)の3つの代表作に焦点を当てながら、作品・資料合わせて174点(前後期展示替えあり)を紹介する。初期の代表作は、写実を深く追求し、日本人の手で初めて日本人の顔を表したと高く評価された《群馬の人》(1952年)。イタリア近代彫刻に刺激を受け、当時の若い女性が身につけた衣服や帽子などを活力あるポーズに取り込んだ《帽子・夏》(1972年)。ロシア民話を題材としたロングセラー絵本『おおおきなかぶ』(1962年)の原画は、シベリア抑留を経験し、現地の風景や人々の生活を目に焼き付けた佐藤にとって渾身の一冊となった。これら3点の制作背景を、佐藤自身が収集したロダン、ムーア、マリーニなどの作品と、彼らについて語った言葉を手がかりに解き明かす。

いわき市立美術館 2022年11月5日(土)〜12月18日(日)