王朝文化への憧れ—雅の系譜

京都市 相国寺承天閣美術館 TEL.075-241-0423

開催期間:2022年3月20日(日)~7月18日(日)

相国寺は、和歌史にその名を残す平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての公家・歌人である藤原定家(1162〜1241)の墓所として、また戦国時代から江戸時代前期にかけての皇族・歌人で古今伝授で知られる八条宮智仁親王(1579〜1629)の菩提所として、ゆかりの寺宝を多く有している。今展では、平安時代の王朝文化への憧れから江戸時代に描かれた『伊勢物語』や『源氏物語』の屏風絵とともに、公家の和歌や絵画を紹介する。