毘沙門天北方鎮護のカミ

奈良市 奈良国立博物館 TEL.050-5542-8600(ハローダイヤル)

開催期間:2020年2月4日(火)~3月22日(日)

仏教世界や仏法を守る四天王(持国天・増長天・広目天・多聞天)のうち、北方を守護する多聞天は、毘沙門天の名で単独の像としても造像、信仰されてきた。半世紀ぶりの展覧会出品となる京都・鞍馬寺の国宝《毘沙門天立像》(平安時代)をはじめとする日本の毘沙門天像の優品を一堂に集め、近年新発見された作品やそれらに関する新たな知見を紹介する。