大浮世絵展—歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演

福岡市 福岡市美術館 TEL.092-714-6051

開催期間:2020年1月28日(火)~3月22日(日)

2014年に開催された「大浮世絵展」では浮世絵の全史を通覧したが、その第二弾となる今展では5人の絵師に絞り、その魅力を伝える。喜多川歌麿(1753頃?〜1806)の美人画、東洲斎写楽(生没年不詳)の役者絵、葛飾北斎(1760〜1849)と歌川広重(1797〜1858)の風景画と花鳥画、そして歌川国芳(1798〜1861)の武者絵、戯画など総数366点を、国際浮世絵学会の監修のもと、大英博物館、メトロポリタン美術館、ボストン美術館をはじめとする国内外の美術館・博物館、個人コレクションから集めた。会場により出品作品が一部異なり、期間中、展示替えがあるが、総数約300点、常時約150点を展示する。【公式サイト】 また福岡市美術館では、寄贈された歌川国貞(1786〜1864)の春画『正寫相生源氏』初摺本を初公開する、受贈記念特別公開「まぼろしの春画 国貞三源氏」を同時開催。

江戸東京博物館 2019年11月19日(火)〜2020年1月19日(日)(終了)
愛知県美術館 2020年4月3日(金)〜5月31日(日)