名和晃平 生成する表皮(仮称)地域交流センター開館記念展

十和田市 十和田市現代美術館 TEL.0176-20-1127

開催期間:2022年6月18日(土)~11月20日(日)

彫刻家・名和晃平(なわ・こうへい、1975〜)は、セル(細胞・粒)で世界を認識するという独自の概念を軸に、ガラスや液体などのさまざまな素材や技法を横断しながら、彫刻の新たなあり方を一貫して追求している。十和田市に9月から開館する(仮称)地域交流センターの開館を記念するもので、同センターでは10月1日(土)〜11月20日(日)の開催を予定している。展覧会タイトル「生成する表皮(英語:Generative Interface)」は、名和の作品に通底する制作概念を表しており、過去作から新作まで多様な作品シリーズを展示し、その活動の変遷を紹介。最新作《Biomatrix (W)》と「White Code」シリーズの新作を初公開する。