フランス絵画の精華ルネ・ユイグのまなざし

太宰府市 九州国立博物館 TEL.050-5542-8600(ハローダイヤル)

開催期間:2020年2月4日(火)~3月29日(日)

フランスの美術史家で、ルーブル美術館絵画部長時代にはナチス・ドイツから約4000点の作品を守り抜いたことで知られるルネ・ユイグ(1906〜1997)は、1983年の東京富士美術館開館記念展「近世フランス絵画展」をはじめ、「栄光の18世紀フランス名画展」(1986年)、「フランス革命とロマン主義展」(1987年)の開催に伴う作品借用交渉に尽力。東京富士美術館のフランス絵画収集にも協力を惜しまず、名誉館長を勤めていた。今展では、17世紀の古典主義から18世紀のロココ、19世紀の新古典主義、ロマン主義を経て、印象派誕生前夜にいたるまでのフランス絵画の流れを、69点の油彩画(内、日本初公開17点)、17点の素描(同16点)によってたどる。出品作品は会場によって一部異なる。

東京富士美術館 2019年10月5日(土)〜2020年1月19日(日)(終了)
大阪市立美術館 2020年4月11日(土)〜6月14日(日)