追悼・浜田知明展第1期 初年兵哀歌

熊本市 熊本県立美術館 TEL.096-352-2111

開催期間:2018年7月28日(金)~9月24日(月・振休)

《初年兵哀歌(銃架のかげ)》1951年 熊本県立美術館蔵

2018年7月17日に天寿を全うした熊本出身で国際的に活躍した版画家で、晩年は彫刻家としても活動した浜田知明(はまだ・ちめい、1917〜2018)を追悼。東京美術学校油画科で藤島武二の指導を受けたが、1939年、同校卒業と同時に熊本歩兵連隊に入隊し、20歳代のほとんどを軍隊で過ごした。1951年、この戦争体験を描いた銅版画《初年兵哀歌》を発表して注目を集める。《初年兵哀歌(歩哨)》(1954年)は、1956年のルガノ国際版画ビエンナーレで受賞。第1期では、この《初年兵哀歌》シリーズ(1950〜1954年、1978年)全16点を一挙に公開する。