深沢幸雄展銅版画の詩人 追悼

甲府市 山梨県立美術館 TEL.055-228-3322

開催期間:2018年9月1日(土)~10月8日(月・祝)

長く日本を代表する銅版画家の一人として活躍した深沢幸雄(1924~2017)は、山梨県南巨摩郡増穂町(現・富士川町)に生まれた。山梨県立美術館では、これまでに1991年と2007年に「深沢幸雄展」を開催し、その生涯と作品を紹介してきたが、3回目となる今展では、深沢本人が残してきた詩(言葉)を手がかりに深沢芸術を検証。銅版画の代表作を中心に、詩や文章、短歌が書かれたノートやスケッチブック、原稿用紙などの資料を展示する。自身の銅版画により詩を描いた詩画集(銅版画集)や関連する作品も紹介。