京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ

台東区 東京国立博物館 TEL.03-5777-8600(ハローダイヤル)

開催期間:2018年10月2日(火)~12月9日(日)

千本釈迦堂の名で親しまれている京都の大報恩寺は、1220年(承久2年)の開創。応仁の乱の戦火を免れ、京都市内最古の建造物として国宝に指定されている。2020年に開創1200年を迎えるのを記念し、慶派仏師の名品を一堂に公開。本尊は、快慶の弟子・行快作、重要文化財《釈迦如来坐像》で今展が寺外初公開となる。快慶が晩年に手がけた重要文化財《十大弟子立像》が10体揃って寺外で公開されるのも初めて。さらに、運慶の弟子・肥後定慶作の重要文化財《六観音菩薩像》6体を360度から見られるように展示する。